幸雲

石臼コーヒーミルをはじめとし、石皿・表札・かさ立・石彫刻品等、順次『幸雲』にて発表していきます。宜しくお願い申し上げます。

石臼コーヒーミル

Coffee Mill

石臼コーヒーミルは、一般的に多く用いられている花崗岩(かこうがん)ではなく、柔らかく酸化しにくい特徴を持つ安山岩(あんざんがん)の「男鹿石(おがいし)」を使用しております。天然の素材を使用することにより、一つとして同じものはありません。豆を挽く工程で実感する濃厚な香りと石臼挽き独特の心地良い音をお愉しみいただけます。味や香りは挽き手の個性を表現するかのようで、「あなただけの味」や、「珈琲との語らい」をお求めの方におすすめいたします。最良の石を選定し一つ一つの男鹿石を「細やかで繊細な技」を駆使して製作し、新たな珈琲の楽しみ方をご提案いたします。受け皿は同じ湖東地区の佐藤木材容器様に地元秋田杉を使用した良質の一品を創作して頂きました。

上臼に入ったコーヒー豆は目立てをスムーズに流れ、下臼の目立てとの精度の高い「あたり具合」が美味しいコーヒーを挽いていきます。360度どの方向の目からも均等に挽き出すため、幾度もの調整を繰り返し導き出された目の長さは、挽くコーヒー豆に熱を持たせず、風味溢れる味わいを生み出します。(お好みに合わせて挽き加減を調整してください。)

匠の技

Master Craftmanship

同じ地域で活躍する二人の匠が連携して作り上げた「石臼コーヒーミル」は地域の素材を知り尽くし、継承された技が活かされた新たな取り組みから生まれました。重い石臼を載せ、固定させながらも回転のスムーズさが必要であった受け皿の「軸」。僅かな狂いが石臼の回転に影響を与えると風昧溢れるコーヒーを挽くことができません。美味しいコーヒーを挽きだすための軸は、試行錯誤を重ねた「石」と「木」のコラボレーション誕生へと導かれました。

石臼コーヒーミル_1
石臼コーヒーミル_2
石臼コーヒーミル_3
石臼コーヒーミル_4
石臼コーヒーミル_5